キク類キク目キク科アザミ亜科の植物

キク科

キク科の植物は世界に約1600属25000種あり、このうちアザミ亜科のものは約85属2500種あるとされています。

根菜のゴボウは、ヨーロッパ~中国原産のアザミ亜科ゴボウ属の植物です。

アザミ属

多数の筒状花が集まって頭状花序(頭花)を作ります。紫系の円い花、切れ込みとトゲのある葉が特徴です。日本には70種ほど分布するとされています。

オオノアザミ

キク目キク科アザミ亜科アザミ属オオノアザミ

高さ50~100cmの多年草で、花期は8月下旬~10月です。

道内では渡島半島と太平洋側に分布し、低地~低山の草地や道端に生えます。

オオノアザミ
8月11日 函館山

長さ50~60cmの根出葉は花時にもあり、濃緑色で羽状深裂します。裂片には先が刺となった牙歯があります。

オオノアザミ
10月9日 函館山
オオノアザミの葉
10月9日 函館山

頭花は径4cmほどで上向きにつき、苞はありません。総苞に蜘蛛毛があり、外片の先はややとがって斜めに開きます。

オオノアザミの総苞
10月9日 函館山
オオノアザミの総苞
8月16日 江差町
オオノアザミの花
8月16日 江差町

マルバヒレアザミ

キク目キク科アザミ亜科アザミ属マルバヒレアザミ

高さ1~2mの多年草で、花期は6月下旬~9月です。

北海道西南部~青森県に分布し、海岸~山地の林縁や草地に生えます。

マルバヒレアザミ
7月7日 函館山
マルバヒレアザミ
7月11日 函館山

根出葉は花時には枯れ、茎葉は全縁~羽状中裂と変異が大きく、下部の葉ほど切れ込みが大きいです。

マルバヒレアザミ
7月11日 函館山

葉の縁にはトゲがあり、基部が翼となって茎に延下することがあります。

マルバヒレアザミ 下部の葉
下部の葉 7月11日 函館山

頭花は横~上向きにつき、総苞片は6列です。

マルバヒレアザミ
6月13日 函館山

総苞片は線状披針形で柔らかく、上部は斜上し反り返りません。

マルバヒレアザミの花
7月7日 函館山
マルバヒレアザミの花
7月7日 函館山
マルバヒレアザミの花
7月7日 函館山

近似種 ミネアザミ

マルバヒレアザミの近似種ミネアザミは、総苞片がやや太くて硬く、上部があまり曲がらず内片に白い腺体があってやや粘ります。

花期はやや遅く、生育地と分布域はマルバヒレアザミとほぼ重なります。

ミネアザミ
10月7日 江差町

エゾノキツネアザミ

キク目キク科アザミ亜科アザミ属エゾノキツネアザミ

高さ60~180cmの雌雄異株の多年草で、花期は7月下旬~9月です。

低地の道端や草地に生えます。

全体に蜘蛛毛があり、茎は上部で分枝します。

エゾノキツネアザミ
9月12日 厚沢部町

根出葉は花時には無く、茎葉は長さ10~20cmの長楕円状披針形で、柄はありません。

葉の縁には不規則な粗い鋸歯があり、刺状の縁毛があります。

エゾノキツネアザミの葉
9月12日 厚沢部町

頭花は長い柄があって、上向きにつきます。雄花は径1.5cm、雌花は径2cmほどです。

エゾノキツネアザミの花
9月12日 厚沢部町

サワアザミ

キク目キク科アザミ亜科アザミ属サワアザミ

高さ1~2mになる大型の多年草で、花期は9~10月です。

道央以南に分布し、野山のやや湿った所や沢沿いに生えます。

サワアザミ
10月9日 函館山

根出葉は花時にも残存します。葉は大きく長さが50~60cmほどになり、下部の葉ほど羽状に深く切れ込み、縁の刺は少ないです。

サワアザミ
10月7日 函館山
サワアザミ
10月7日 函館山

径5cmほどの頭花が下向きにつき、基部近くに小さな葉片(苞葉)が数個あります。

サワアザミの花と苞葉
10月7日 函館山
サワアザミの花と苞葉
10月7日 函館山

セイヨウ(アメリカ)オニアザミ(帰)

キク目キク科アザミ亜科アザミ属セイヨウオニアザミ

高さ50~150cmになる多年草で、花期は8~9月です。

ヨーロッパ原産の帰化植物で、道端や空き地、河原などに生えます。

セイヨウオニアザミ
7月23日 乙部町

茎は全体に毛と鋭いトゲのある翼があり、よく分枝します。

茎葉は大きいもので長さ40cmになります。

葉は不規則に深く切れ込み、裂片の縁には鋭いトゲがあります。裏面は白い綿毛が密生します。

セイヨウオニアザミの葉
7月23日 乙部町
セイヨウオニアザミの根元
7月23日 乙部町

頭花は径4cmほどで上向きにつき、総苞はつぼ型です。総苞片の先は鋭いトゲになります。

セイヨウオニアザミの花
7月23日 乙部町

トウヒレン属

ナガバキタアザミ

キク目キク科アザミ亜科トウヒレン属ナガバキタアザミ

高さ15~40cmの多年草で、花期は7月下旬~9月です。

亜高山~高山の草地に生えます。

ナガバキタアザミ
8月17日 大雪山赤岳

葉は三角状卵形で、基部は翼となって茎に流れます。

筒状花からなる頭花は、10個ほどまとまってつきます。総苞片、特に外片の先が尾状に長く伸びます。

ウスユキトウヒレン

キク目キク科アザミ亜科トウヒレン属ウスユキトウヒレン

高さ5~20cmの多年草で、花期は7~9月です。

高山の砂れき地や草地に生えます。

ウスユキトウヒレン
8月17日 赤岳

全体に蜘蛛毛があり、白っぽく見えます。

葉は卵形に近いものから披針形まで変異があります。

頭花は数個まとまってつき、総苞は鐘形です。

タイトルとURLをコピーしました