バラ類フトモモ目ミソハギ科の植物

フトモモ目

ミソハギ科の植物は、世界に約30属620種ほどあるとされています。

木本と草本があり、木本は熱帯に、草本は湿地に生育するものが多いようです。

観賞用に栽培されるサルスベリ(サルスベリ属)や、果実を食用にするザクロ(ザクロ属)もミソハギ科の植物です。

日本に自生するミゾハギ科植物は、7属16種ほどになります。

このうち北海道に自生するのは、ミゾハギ属のエゾミソハギ、キカシグサ属のキカシグサ、ヒシ属のヒシです。

ミソハギ属

エゾミソハギ

フトモモ目ミソハギ科ミソハギ属エゾミソハギ

高さ50~150cmの多年草で、花期は7月中旬~8月です。

低地の湿地や水辺に生えます。

エゾミソハギ
7月22日 大沼公園
エゾミソハギ
7月23日 乙部町

花は穂状に多数つき、径2cmほどの大きさです。

エゾミソハギ
7月23日 乙部町
エゾミソハギの花序
8月17日 江差町

花弁が6枚、雄しべが12本、雌しべが1本あります。

12本の雄しべのうち、6本は長く6本は短いです。

エゾミソハギの花
8月17日 江差町

雌しべと雄しべの長さには3タイプがあるらしく、下の写真2枚は雌しべが長く雄しべが短いタイプの花だと思われます。

7月22日 大沼公園
7月22日 大沼公園

葉は対生し、披針形~広披針形です。

7月22日 大沼公園
タイトルとURLをコピーしました