キンポウゲ目メギ科の植物

キンポウゲ目

メギ科の植物は世界に約14属約700種あるとされ、ミヤオソウ亜科、ナンテン亜科、メギ亜科の3亜科に分けられています。

日本に自生するメギ科植物は、6属20種ほどです。

このうち北海道に自生するのは、5属6種ほどになります。メギ属のヒロハノヘビノボラズのみが落葉低木で、他は草本です。

冬に赤くて丸い実をつけるナンテンは、中国原産のメギ科植物です。

サンカヨウ属

サンカヨウ

キンポウゲ目メギ科ミヤオソウ亜科サンカヨウ属サンカヨウ

高さ30~60cmの多年草で、花期は5~6月です。

山地の湿った場所に生えます。

サンカヨウ
5月3日 奥尻町

花は3~10個つき、径2cmほどの大きさです。

サンカヨウ
5月3日 奥尻町
サンカヨウ
5月3日 奥尻町

花弁は6枚、雄しべも6本です。

サンカヨウ花
5月3日 奥尻町

こちらの写真はつぼみです。

サンカヨウつぼみ
5月3日 奥尻町

フキのような大きな葉が2枚つき、下の葉は大きなもので30cmほどになります。

サンカヨウ葉
5月3日 奥尻町

7月上旬になると、青い実をつけます。

サンカヨウ実
7月8日 奥尻町

メギ属

ヒロハノヘビノボラズ

キンポウゲ目メギ科メギ亜科メギ属ヒロハノヘビノボラズ

高さ1~3mの落葉低木で、山地の落葉広葉樹林内や蛇紋岩地帯に生えます。

ヒロハノヘビノボラズ
5月16日 大沼公園
5月24日 大沼公園
ヒロハノヘビノボラズ
10月12日 大沼公園

葉は倒卵形~長楕円形で長さ3~10cmです。縁には小さな刺状の鋸歯があります。

刺状の鋸歯のある葉
5月16日 大沼公園

葉は短枝の先に互生し、集まって輪生状につきます。

輪生状に生える葉
5月16日 大沼公園

花は径1cmほどの黄色の花で、5~6月に開花します。花弁とがく片がそれぞれ6枚、雄しべが6個、雌しべは1個あります。

ヒロハノヘビノボラズの花
5月16日 大沼公園
ヒロハノヘビノボラズの花
5月19日 函館山
ヒロハノヘビノボラズの花
5月19日 函館山
ヒロハノヘビノボラズ
花後 6月4日 大沼公園
ヒロハノヘビノボラズ
6月20日 大沼公園
ヒロハノヘビノボラズ
6月20日 大沼公園

果実は楕円形で、長さ約1cmです。9~10月に赤く熟します。

ヒロハノヘビノボラズの実
10月12日 大沼公園

枝の節には3本束になったトゲがあり、蛇でものぼれないだろうということから、ヘビノボラズの名前がついたとされています。

ヒロハノヘビノボラズの実
3月22日 奥尻町

北海道奥尻島の観光名所、なべつる岩の上に生えているのがヒロハノヘビノボラズです。

なべつる岩
なべつる岩

コメント

タイトルとURLをコピーしました