バラ類バラ目バラ科サクラ亜科の植物

バラ科

バラ科の植物は、世界に75~90属約3000種あるとされています。

バラ科はチョウノスケソウ亜科・サクラ亜科・バラ亜科の3亜科に分かれ、このうちサクラ亜科は約60属900種あるとされています。

サクラやリンゴ、ナナカマド、シモツケの仲間がサクラ亜科に属します(ただし草本植物オニシモツケはバラ亜科です)。

果実を食用として利用する種が多く、アーモンド、ビワ、マルメロ、アンズ、ウメ、ナシなどもサクラ亜科の植物になります。

アーモンドの花
サクラ属 アーモンドの花

サクラ属

エゾヤマザクラ

バラ目バラ科サクラ亜科サクラ属エゾヤマザクラ

エゾヤマザクラ
5月3日 奥尻町

山地に生える落葉樹で、高さ約20mになります。

エゾヤマザクラの木
5月2日 大沼公園

北海道の代表的なサクラで、5月に葉が開くと同時に開花し、ピンク色の花を咲かせます。

エゾヤマザクラ
5月3日 奥尻町

花は径3cm前後で花弁は5枚、花柄は赤色で無毛です。

エゾヤマザクラ
5月3日 奥尻町
葉 6月2日 江差町

果実は球形で径5~7mmです。6~7月に黒紫色に熟します。

エゾヤマザクラの果実
果実 6月11日 大沼公園
エゾヤマザクラの果実
果実 6月11日 大沼公園
エゾヤマザクラの蜜腺
葉の腺点(蜜腺) 10月7日 江差町
エゾヤマザクラの冬芽
冬芽 10月7日 江差町

カスミザクラ

バラ目バラ科サクラ亜科サクラ属カスミザクラ

山地に生える落葉樹で、高さは15mほどになります。

花は淡紅色~白色で、径3cmくらいです。5月下旬ごろ葉が開くと同時に開花します。

カスミザクラ
5月4日 函館山
5月4日 函館山
カスミザクラ
6月5日 江差町

果実は約6mmの球形で、7月に黒紫色に熟します。

カスミザクラの実
カスミザクラの若い果実 6月2日 江差町
カスミザクラの実
カスミザクラの果実 6月20日 江差町
カスミザクラの葉
カスミザクラの葉 10月31日 江差町
カスミザクラの葉の腺点
カスミザクラの葉の腺点 10月31日 江差町
カスミザクラの冬芽
カスミザクラの冬芽 10月31日 江差町
カスミザクラの冬芽
カスミザクラの冬芽 10月31日 江差町

チシマザクラ

バラ目バラ科サクラ亜科サクラ属チシマザクラ

山地~亜高山に生える落葉樹で、高さ3~5mになります。

6月6日 共和町

花は淡紅色~白色で径2~2.5cmです。5~6月に葉と同時に開花します。

6月6日 共和町
チシマザクラの葉 7月15日 共和町

ミヤマザクラ

バラ目バラ科サクラ亜科サクラ属ミヤマザクラ

山地に生える落葉樹で、高さ15mほどになります。

ミヤマザクラ
5月16日 七飯町大沼公園

葉は倒卵状楕円形で長さ7~12cmです。先は尾状にとがり、縁には粗い鋸歯があります。腺点は葉柄の上部にあります。

ミヤマザクラの葉
6月4日 大沼公園
ミヤマザクラの葉
5月16日 七飯町大沼公園

花は淡紅色~白色で径2.5~3.5cmです。5月下旬ごろ葉と同時に開花します。

ミヤマザクラの花
5月16日 七飯町大沼公園

果実は径5~7mmの球形で、7~8月に赤紫色に熟します。

ミヤマザクラの果実
6月4日 大沼公園
ミヤマザクラの果実
6月4日 大沼公園
6月11日 大沼公園
ミヤマザクラの実
6月28日 大沼公園
7月4日 大沼公園
ミヤマザクラの実
7月16日 大沼公園

ウワミズザクラ属

ウワミズザクラ

バラ目バラ科サクラ亜科ウワミズザクラ属ウワミズザクラ

山地に生える落葉樹で、高さは15mほどになります。

ウワミズザクラ
6月15日 奥尻町

葉は長楕円形で長さ8~11cm、先は尖り基部は円形です。葉の縁には刺状の鋸歯があります。

葉 6月2日 江差町

花は径約1cmの白花で、総状花序に多数つきます。

花弁は5枚で、5月下旬~6月に開花します。

ウワミズザクラの花
5月31日 江差町
ウワミズザクラの花後
6月13日 江差町
ウワミズザクラの花後
6月13日 江差町
ウワミズザクラの実
果実 10月20日 厚沢部町
ウワミズザクラの実と黄葉
10月20日 厚沢部町
ウワミズザクラの冬芽
冬芽 10月31日 江差町
ウワミズザクラの冬芽
冬芽 10月31日 江差町
ウワミズザクラの冬芽
冬芽 10月31日 江差町

リンゴ属

エゾノコリンゴ

バラ目バラ科サクラ亜科リンゴ属エゾノコリンゴ

海岸から山地まで生える落葉樹で、高さ10mほどになります。

エゾノコリンゴの花
6月1日 江差町

花は4~6個まとまってつき、白色で径3cm前後です。

5月下旬~6月に開花します。

エゾノコリンゴの葉

エゾノコリンゴの葉

エゾノコリンゴの冬芽

エゾノコリンゴの冬芽

エゾノコリンゴの冬芽

エゾノコリンゴの冬芽

ズミ(コリンゴ)

バラ目バラ科サクラ亜科リンゴ属ズミ

山地や原野のやや湿った場所に生える落葉樹で、高さ2~10mになります。

ズミの花
6月5日 江差町

花は径2.5~3cmの白色で、5~7個まとまってつきます。

5月下旬~6月に開花します。

ズミの葉
6月5日 江差町

短枝につく葉は、3~5中裂するものがあります。

ズミの葉
6月5日 江差町

果実は径6~10mmの球形で、9~10月に濃紅色に熟します。

6月20日 七飯町大沼公園
実をつけたズミの枝
10月12日 七飯町大沼公園
ズミの果実
10月12日 七飯町大沼公園

アズキナシ属

アズキナシ

バラ目バラ科サクラ亜科アズキナシ属アズキナシ

高さ10~15mになる落葉樹です。

アズキナシ
5月28日 函館山

葉は互生し、長さ6~10cmで、先は尖り縁は重鋸歯です。

側脈は8~12対あり、まっすぐに伸びます。

アズキナシの葉
5月28日 函館山

花は散房状花序につき、5~6月に開花します。

アズキナシの花
5月28日 函館山

花の径は1~1.5cmで、花弁は5枚あります。

アズキナシの花
5月28日 函館山

果実は長卵形~楕円形で長さ6~10mmです。9~10月に赤く熟します。

アズキナシ
6月20日 大沼公園

ナナカマド属

ナナカマド

バラ目バラ科サクラ亜科ナナカマド属ナナカマド

山地に生える落葉樹で、高さ10~15mになります。

ナナカマドの木
5月2日 大沼公園

葉は奇数羽状複葉で、秋には紅葉します。

5月24日 大沼公園
5月24日 大沼公園

花は径1cm位の白色で、複散房状花序にまとまってつきます。

ナナカマド
5月31日 江差町
ナナカマドの花
6月2日 江差町

花弁は5枚で、6月に開花します。

ナナカマドの花
6月2日 江差町

果実は径約6mmの球形で、9~10月に赤く熟し、落葉後も枝に残ります。

ナナカマドの実
7月18日 厚沢部町
赤いナナカマドの実
10月12日 大沼公園

シモツケ属

マルバシモツケ

バラ目バラ科サクラ亜科シモツケ属マルバシモツケ

日当たりの良い高山や山地の岩場などに生える落葉樹で、高さ0.5~1mになります。

マルバシモツケ
7月15日 神仙沼湿原

複散房花序に、径約7mmの白色の花を多数つけます。

花弁は5枚で、6~7月に開花します。

マルバシモツケ
7月15日 神仙沼湿原

カナメモチ属

ワタゲカマツカ

バラ目バラ科サクラ亜科カナメモチ属ワタゲカマツカ

山地に生える落葉樹で、高さは5mくらいになります。

北海道では日高以南に分布しています。

ワタゲカマツカ
5月28日 函館山
ワタゲカマツカ
5月28日 函館山

葉は互生し、倒卵状楕円形で縁には鋸歯があります。質が厚く内側に向かってやや巻きます。

ワタゲカマツカの葉
5月28日 函館山
ワタゲカマツカの葉
5月28日 函館山

花は径1.4cmほどで、複散形花序に多数つきます。

6月6日 函館山

花弁は5枚で、花期は5月下旬~6月上旬です。

ワタゲカマツカの花
5月28日 函館山
ワタゲカマツカの花
5月28日 函館山
ワタゲカマツカ 果実
7月11日 函館山
ワタゲカマツカ 果実
7月11日 函館山

果実は楕円形で長さ6~7mmです。9~10月に赤く熟します。

ボケ属

ボケ(帰)

バラ目バラ科サクラ亜科ボケ属ボケ

中国原産の落葉樹で、高さ1~2mになります。

日本には平安時代に渡来し、観賞用に植栽されたものが一部野生化しています。

ボケ
4月28日 松前町

花は径3cm前後で、雄花と雌花があります。色は赤、ピンク、白など多彩で5月に開花します。

ボケの花
4月28日 松前町

葉の付け根には腎臓型の托葉がつきます。

ボケの葉
7月2日 江差町
ボケの実
果実 7月2日 江差町

クサボケ(帰)

バラ目バラ科サクラ亜科ボケ属クサボケ

高さ30~100cmの落葉樹で、幹は地面を這うか斜上します。

本州の関東地方以西、四国、九州に分布する種ですが、こちらの写真は七飯町大沼公園小沼付近で撮影しました。本州から移入されたものが、野生化したと思われます。

クサボケ
5月15日 大沼公園

花は径約2.5cmで、雄花と雌花があります。朱赤色で花弁は5枚、雄しべは多数つきます。

雌花の花柱(雌しべ)は5個あるそうです。5月に開花します。

クサボケの葉
5月15日 大沼公園

葉は短枝に輪生、長枝に互生します。ボケとは違い托葉はありません。

ヤマブキショウマ属

ヤマブキショウマ

バラ目バラ科サクラ亜科ヤマブキショウマ属ヤマブキショウマ

高さ30~100cmの雌雄異株の多年草で、花期は6~7月です。

6月15日 奥尻町
ヤマブキショウマ
6月19日 函館山

葉は2回3出複葉で、葉脈は平行的に並び、先は鋭くとがります。

葉の縁は重鋸歯です。

ヤマブキショウマの葉
6月19日 函館山
ヤマブキショウマつぼみ
つぼみ 6月19日 函館山

花は円錐状総状花序に多数つき、5枚の花弁の長さは1.5mmほどです。

雄花の雄しべは20本ほどで花外に突出しており、雌花の雌しべは普通3個です。

ヤマブキショウマ雄花
6月26日 雄花
ヤマブキショウマ雄花
雄花 6月26日 函館山
雄花 6月13日 函館山
ヤマブキショウマ雌花
雌花 6月26日 函館山
ヤマブキショウマ雌花
6月26日 雌花
ヤマブキショウマ
雌花の花後 7月11日 函館山
ヤマブキショウマ 果実
未熟な果実 7月11日 函館山
タイトルとURLをコピーしました