ユキノシタ目ユキノシタ科の植物

ユキノシタ目

ユキノシタ科の植物は、世界に33属約600種あるとされています。

このうち日本に自生するのは、ユキノシタ属、チダケサシ属、アラシグサ属、ネコノメソウ属、イワユキノシタ属、チャルメルソウ属、ヤワタソウ属、ヤグルマソウ属、ズダヤクシュ属のものになります。

以前はもっと多くの植物がユキノシタ科に含まれていましたが、DNA解析を基にした新分類(APGⅢ)によって大分裂が起こりました。

かつてユキノシタ科だったスグリ属はユキノシタ目スグリ科に、タコノアシ属はユキノシタ目タコノアシ科に、アジサイ属はミズキ目アジサイ科に、ウメバチソウ属はニシキギ目ニシキギ科に異動しました。

それでもスグリ科とユキノシタ科はかなり近い関係にはあるそうです。

トカチスグリ(スグリ科)

花弁が5枚の草本が多いですが、ネコノメソウ属のように花弁の無いものもあります。

見た目でユキノシタ科を特徴づける、際立った形質というものは無いようです。

ユキノシタ属

ユキノシタ

ユキノシタ目ユキノシタ科ユキノシタ属ユキノシタ

高さ20~50cmの多年草で、花期は6~7月です。

葉は根生して長い柄があり、腎円形でへりは浅く裂けます。

葉の表面には葉脈に沿って灰白色の斑が這います。

ユキノシタ
7月4日 江差町

5枚の花弁は上の3枚が短く下の2枚が長いです。

この下2枚の花弁を舌に見立てて「雪の舌」とう名前がついたという説もあります。

ユキノシタの花
7月4日 江差町

がく片は5枚、雄しべは10本、雌しべは1本、雌しべの花柱は2個あります。

ユキノシタ
7月4日 江差町

ダイモンジソウ

ユキノシタ目ユキノシタ科ユキノシタ属ダイモンジソウ

高さ5~40cmの多年草で、花期は7~10月です。

葉は根生して長い柄があり、腎円形でへりは浅く裂けます。

ダイモンジソウ
9月20日 奥尻町

5枚の花弁は上の3枚が短く下の2枚が長く、漢字の「大」の字のようになります。

ダイモンジソウ
9月20日 奥尻町

がく片は5枚、雄しべは10本、雌しべは1本、雌しべの花柱は2個あります。

ダイモンジソウ
9月20日 奥尻町

北海道に自生するこのほかのユキノシタ属の植物は、エゾノクロクモソウ、キヨシソウ、クモマユキノシタ、フキユキノシタ、シコタンソウ、チシマクモマグサ、ヤマハナソウです。

チダケサシ属

トリアシショウマ

ユキノシタ目ユキノシタ科チダケサシ属トリアシショウマ

高さ40~100cmの多年草で、花期は7~8月です。

花序は二重の円錐状となり、密生して多数の花がつきます。

トリアシショウマ
7月11日 函館山

花序は二重の円錐状となり腺毛が密生して多数の花がつきます。

トリアシショウマ花
7月21日 厚沢部町

花にはへら形で長さ5mmほどの花弁が5枚あります。

トリアシショウマ 花
7月31日 厚沢部町

がく片は5裂し、雄しべは5本、雌しべは1本で花柱は2個です。

トリアシショウマ 花柱
7月11日 函館山

葉は3回3出羽状複葉で、縁は重鋸歯となり、先はとがります。

トリアシショウマ葉
7月21日 厚沢部町

トリアシショウマとヤマブキショウマの違い

バラ科のヤマブキショウマとトリアシショウマは、花や葉の形態がよく似ています。

ヤマブキショウマ雄花
ヤマブキショウマ雄花

違いとしては、ヤマブキショウマの花はトリアシショウマほどは密生しておらず、花序も円錐状ではありません。

ヤマブキショウマ雄花

またヤマブキショウマの葉の葉脈は、トリアシショウマのものに比べて直線的です。

ヤマブキショウマ葉
ヤマブキショウマの葉

北海道に自生するトリアシショウマ以外のチダケサシ属の植物は、モミジバショウマになります。

ネコノメソウ属

チシマネコノメソウ

ユキノシタ目ユキノシタ科ネコノメソウ属チシマネコノメソウ

高さ20cm前後の多年草で、花期は4月下旬~6月です。

山地の谷筋など湿った場所に生えます。

全体がほぼ無毛で、茎に長毛が生える近似種マルバネコノメソウと見分けます。

チシマネコノメソウ
4月20日 奥尻町

根元にロゼット葉があり、花時も残ります。茎葉は1対つくか、つきません。

チシマネコノメソウのロゼット葉
4月23日 奥尻町

花は卵形の苞葉に囲まれてつきます。

花弁は無く、がく片は4個、雄しべは8本、雌しべは1本で雌しべの花柱は1個です。

チシマネコノメソウ
4月20日 奥尻町

マルバネコノメソウ

ユキノシタ目ユキノシタ科ネコノメソウ属マルバネコノメソウ

高さ15cmほどになる多年草で、花期は5~6月です。

山地の湿った場所に生えます。

マルバネコノメソウ
5月4日 函館山

花時、ふつう根出葉は枯れており扇形の茎葉が対生します。

マルバネコノメソウ
5月4日 函館山

茎には長毛がまばらに生えます。

マルバネコノメソウの茎
5月4日 函館山

花の径は3mmほどで花弁は無く、がく片が4個、雄しべが8個あります。

マルバネコノメソウの花
5月4日 函館山

ヤマネコノメソウ

ユキノシタ目ユキノシタ科ネコノメソウ属ヤマネコノメソウ

高さ10~20cmの多年草で、花期は4~5月です。

低地~山地の湿った林内に生え、北海道では道南に分布しています。

ヤマネコノメソウ
4月2日 函館山

走茎枝は出さず、茎葉は1~2枚で互生します。

ヤマネコノメソウの茎
4月2日 函館山

根出葉は長い柄を持つ円腎形です。幅1~2cmで、縁には浅い鋸歯があり基部は心形です。

ヤマネコノメソウの葉とつぼみ
4月2日 函館山

花は径5mmほどで、黄緑色のがく片が4枚あります。

ヤマネコノメソウの花
4月2日 函館山

雄しべは8個(時に4個)、雌しべの花柱は2個あります。

4月2日 函館山

花が終わり、果実が膨らんできている様子です↓

ヤマネコノメソウの果実
未熟な果実 4月15日 函館山

果実が熟すると緑色のピーナッツのようになります。やがてピーナッツの上部が裂け、中から茶色の種子が顔を出します。

5月28日 函館山
4月26日 函館山
種が落ちたヤマネコノメソウ 5月14日 函館山

ズダヤクシュ属

ズダヤクシュ

ユキノシタ目ユキノシタ科ズダヤクシュ属ズダヤクシュ

高さ10~40cmの多年草で、花期は5月下旬~7月です。

山地~亜高山の樹林下に生えます。

ズダヤクシュ
6月2日 奥尻町

花は径3mmほどの大きさで、がく片が5裂して花弁状になります。

花弁は糸状でがく片より長く、5本あります(ピンク矢印先)。

ズダヤクシュ
5月11日 奥尻町

雄しべは10本、雌しべは1本あります。

ズダヤクシュ
5月21日 奥尻町

信州で喘息の薬としていたことから、ズダヤクシュ(喘息薬種)の名前がついたそうです。

ズダヤクシュの実
果実 7月22日 厚沢部町
タイトルとURLをコピーしました