キク類ツツジ目ツツジ科ツツジ亜科の植物

ツツジ科

ツツジ科の植物は世界に約130属4200~4300種あるとされおり、9亜科に分かれます。

その中でツツジ亜科は約20属1800種で、約50属1600種を含むスノキ亜科と並んで大きな亜科です。

旧分類でガンコウラン科として独立していたガンコウランは、APG分類体系ではツツジ科ツツジ亜科ガンコウラン属となりました。

ツツジ属

ヤマツツジ

ツツジ目ツツジ科ツツジ亜科ツツジ属ヤマツツジ

40cm~3mになる半落葉低木で、花期は5~6月です。

山地の乾いた日当たりの良い場所に生えます。

ヤマツツジ
5月16日 大沼公園
ヤマツツジ
6月3日 函館市恵山

花は枝先に2~3個つき、花冠は漏斗状で5深裂して径4cm前後です。

雄しべが5本、雌しべが1本あります。

ヤマツツジの花
6月3日 函館市恵山

春に出る葉は長さ3~5cmの楕円形で、両面に毛があります。

ヤマツツジ春の葉
6月3日 大沼公園

夏~秋に出る葉は長さ1cmほどで枝先に輪生し、越冬します。

ヤマツツジ秋の葉
10月12日 大沼公園

果実は長さ約7mmの蒴果で、剛毛を密生し10月に成熟します。

ヤマツツジ
6月20日 大沼公園
7月16日 大沼公園

コメツツジ

ツツジ目ツツジ科ツツジ亜科ツツジ属コメツツジ

高さ30~100cmになる落葉低木で、花期は6月です。

山地~亜高山の岩地や稜線に生えます。

コメツツジ
6月4日 大沼公園

花は2~5個ずつつき、漏斗状で径1cmほどです。花冠は4~5裂します。

雄しべは4~5本あり、花冠から突き出ます。

コメツツジ
6月4日 大沼公園

短花柱花と長花柱花があります。

コメツツジ
6月4日 大沼公園

葉は枝の先に輪生状につき、長さ8~25mmの長楕円形~卵形です。

コメツツジ
6月4日 大沼公園
7月4日 大沼公園
コメツツジ秋の葉
10月12日 七飯町

つぼみの形が米粒に似ていることから、コメツツジの名前がつきました。

コメツツジ
つぼみ 6月11日 大沼公園

イソツツジ

ツツジ目ツツジ科ツツジ亜科ツツジ属イソツツジ

高さ50~80cmの常緑低木です。

6月に開花し6~7月が花の見ごろですが、数は少ないものの9月に咲いている花もあります。

低地の湿原や、高山帯の日当たりの良い場所に生えます。

イソツツジ
6月3日 函館市恵山

花は球状に多数つき、花冠は5裂して径1cmほどです。

雄しべは10本あります。

イソツツジのつぼみ
左はつぼみ 6月3日 函館市恵山

葉は披針形で、長さ3~5cmです。革質で厚く、裏面には白と茶褐色の毛が混生します。

葉のふちは裏側へ巻き込みます。

イソツツジの葉
7月3日 ニセコアンヌプリ

果実は楕円形で長さ約5mm、9~10月に成熟します。

イソツツジの果実
9月24日 函館市恵山

イソツツジのイソは磯では無く、エゾツツジと呼ばれていたものが間違ってイソツツジと表記されるようになったようです。

キバナシャクナゲ

ツツジ目ツツジ科ツツジ亜科ツツジ属キバナシャクナゲ

高さ10~30cmになる常緑小低木で、高山に生えます。

幹は地面を這い、多くの枝を立ち上げます。

キバナシャクナゲ
7月3日 羊蹄山

葉は長さ3~6cmの長~広楕円形で、無毛です。質は厚くて硬く、表面は葉脈に沿ってへこみ、ややしわ状になります。

キバナシャクナゲの葉

キバナシャクナゲの葉

花は枝先に5~6個集まってつき、花冠は径3~4cmの漏斗型で先が5裂します。

キバナシャクナゲ
7月3日 羊蹄山

花の内面上側には斑点があり、6~7月に開花します。

キバナシャクナゲの花
7月3日 羊蹄山

果実は蒴果で、長楕円形で直立します。長さ1~1.5cmで、9月に成熟し褐色です。

キバナシャクナゲの果実
8月18日 旭岳

ハクサンシャクナゲ

ツツジ目ツツジ科ツツジ亜科ツツジ属ハクサンシャクナゲ

高さ2~4mになる常緑低木で、花期は6月中旬~8月中旬です。

山地~亜高山の樹林下に生えます。

ハクサンシャクナゲ
5月16日 七飯町大沼公園

花は枝先に短い総状花序をつくって数個~15個つきます。色は白色~淡紅色です。

ハクサンシャクナゲ
6月11日 厚沢部町

花冠は漏斗形で5裂し、径3~4cmで内側に淡い黄緑色の斑点があります。

ハクサンシャクナゲ
8月12日 アポイ岳

葉は長楕円形で、長さ6~12cmです。

質は厚くて硬く光沢があり、全縁で縁が裏側に巻き込むことが多いです。

ハクサンシャクナゲの葉
5月16日 七飯町大沼公園
ハクサンシャクナゲの林
8月12日 アポイ岳

果実は9~10月に成熟し、円柱形で長さ約15mmです。

ハクサンシャクナゲ
6月20日 七飯町大沼公園
ハクサンシャクナゲ
6月20日 七飯町大沼公園
ハクサンシャクナゲの果実
10月7日 江差町

コヨウラクツツジ

ツツジ目ツツジ科ツツジ亜科ツツジ属コヨウラクツツジ

高さ1~2.5mになる落葉低木で、花期は5~6月です。

山地~亜高山の林内に生えます。

コヨウラクツツジ
6月20日 ニセコ

花は枝先から腺毛のある長い柄でぶら下がります。

花冠は径5mmほどの壺形で光沢があり、先が浅く5裂します。

コヨウラクツツジの花
6月20日 ニセコ

葉は枝先に輪生状につき、葉身は長さ2~5cmの長楕円形で、若葉は軟毛が多いです。

コヨウラクツツジの花
6月6日 ニセコ

瓔珞(ようらく)とは仏像の首飾りのことで、花の形がこれに似ることから名前がつきました。

ホツツジ属

ホツツジ

ツツジ目ツツジ科ツツジ亜科ホツツジ属ホツツジ

高さ1~2mになる落葉低木で、花期は7月下旬~9月です。

山地の日当たりの良い場所に生え、北海道では南部にのみ分布します。

7月16日 大沼公園
7月22日 大沼公園
7月22日 大沼公園
ホツツジ
9月12日 厚沢部町

枝先に直立した円錐花序を出し、小さな花を多数つけます。

7月16日 大沼公園

花は径1.5cmほどで、花冠は3裂して反り返ります。

7月22日 大沼公園

雄しべは6本あります。雌しべは1本で長く、ほぼまっすぐ伸びて花の外まで突き出ます。

7月22日 大沼公園

葉は互生し、倒卵形~楕円形で長さ3~7cmです。先は尖り、縁は全縁です。

ホツツジの葉とつぼみ
7月31日 奥尻町

果実は扁球形で、径約3mmです。10月に成熟し、褐色になります。

ホツツジの若い実
10月12日 大沼公園
ホツツジの実
10月30日 大沼公園

ミヤマホツツジ

ツツジ目ツツジ科ツツジ亜科ホツツジ属ミヤマホツツジ

高さ30~80cmの落葉小低木で、花期は7~8月です。

亜高山の尾根筋などに生えます。

ミヤマホツツジ
8月12日 アポイ岳
ミヤマホツツジ
8月12日 アポイ岳

花は総状花序につき径2cmほどです。花冠は3裂し、裂片は反り返ります。

雌しべの先はくるりと上に曲がります。

ミヤマホツツジの花
8月5日 ニセコ

がくは5枚に全裂します(ホツツジのがくは杯状です)。

ミヤマホツツジのつぼみ
8月5日 ニセコ

葉は狭倒卵形~へら形で、長さ3~6cmです。

ミヤマホツツジの葉
8月17日 大雪山赤岳
ミヤマホツツジの葉とつぼみ
8月18日 旭岳

ツガザクラ属

アオノツガザクラ

ツツジ目ツツジ科ツツジ亜科ツガザクラ属アオノツガザクラ

高さ10~30cmになる常緑の小低木で、花期は7~8月です。

高山の雪田跡や草地に生えます。

アオノツガザクラ群落
8月17日 大雪山赤岳

幹は地面を這い、多数の枝が斜上します。

アオノツガザクラ群落
8月17日 大雪山赤岳

花は下向きに5~10個つき、花冠は長さ7~8mmの壺形です。先が浅く5裂します。

がくと柄に腺毛が密生します。

アオノツガザクラ腺毛
8月17日 大雪山赤岳

葉は密に多数つき、長さ5~15mmの線形です。

アオノツガザクラの花
8月17日 大雪山赤岳

エゾノツガザクラ

ツツジ目ツツジ科ツツジ亜科ツガザクラ属エゾノツガザクラ

高さ10~30cmになる常緑の小低木で、花期は7~8月です。

高山の雪田縁や草地、れき地に生えます。

エゾノツガザクラ
7月3日 羊蹄山

花は枝先に数個つき、花冠は長さ8~10mmの壺形です。

柄と花の外側に腺毛があります。

エゾノツガザクラ腺毛
7月3日 羊蹄山

葉は密に互生し、長さ7~12mmの線形で、縁に細かい鋸歯があります。

エゾノツガザクラの葉
7月3日 羊蹄山

果実は蒴果で、径4mmほどの球形です。8~9月に成熟します。

エゾノツガザクラの果実
8月17日 大雪山赤岳
エゾノツガザクラの果実
昨年の果実? 7月3日 羊蹄山
エゾノツガザクラのつぼみ
つぼみ 7月3日 羊蹄山

チシマツガザクラ属

チシマツガザクラ

ツツジ目ツツジ科ツツジ亜科チシマツガザクラ属チシマツガザクラ

茎が地面を這いマット状に広がる常緑の矮小低木で、高さは2~7cmです。

高山のれき地に生え、花期は7~8月です。

チシマツガザクラ
8月17日 大雪山赤岳

花は枝先から伸びた花柄に数個つき、径7mmほどです。花弁は4枚、雄しべは8本あります。

葉は広線形で密に互生し、厚みと光沢があります。長さは3~4mmで、縁を裏面に巻き込むため幅は1mmほどです。

ガンコウラン属

ガンコウラン

枝が地面を這い、立ち上がって10~20cmの高さになる常緑の小低木です。

亜高山~高山のれき地やハイマツ林縁に生えます。

雌雄異株で花は枝先の葉腋につき、径4mmほどです。

花期は5~7月とされていますが、6月上旬の恵山では花が終わっていました。5月中に見に行かないと花を見つけることは難しいのではないかと思っています。

未熟なガンコウランの果実
未熟な果実 6月3日 函館市恵山

葉は密に互生または輪生し、長さ4~7mm、幅0.7~1mmです。

果実は径1cm弱の球形で、黒く熟して食べられます。

熟したガンコウランの果実
熟した果実 10月9日 函館市恵山
タイトルとURLをコピーしました