キジカクシ目キジカクシ科(クサスギカズラ科)の植物

キジカクシ目

キジカクシ科の植物は、世界に110~120属2400~3000種あるとされています。日本には12属が分布します。

分子系統解析による新分類(APG)では、旧分類でユリ科だった植物が数多くキジカクシ科に異動しました。マイヅルソウ、スズラン、ギボウシ、アマドコロなどです。

キジカクシという名前にはあまり馴染みが無いですが、野菜のアスパラガスは別名オランダキジカクシと呼ばれ、北海道にもキジカクシという植物が自生しています。

観賞用として栽培されるオリヅルランやオモト、ヒアシンス、ムスカリなども、キジカクシ科の植物です。

キジカクシ属

キジカクシ

キジカクシ目キジカクシ科キジカクシ亜科キジカクシ属キジカクシ

高さ40~100cmの雌雄異株の多年草で、花期は6~7月上旬です。

低山の林縁や草地に生えます。

キジカクシ
5月26日 江差町

葉は膜質の小さな鱗片状です。

葉に見えるものは枝が細かく分枝したもので、偽葉または葉状枝と呼ばれています。

下の写真は偽葉が開いた様子です。この葉で鳥のキジを隠せるという意味で、キジカクシの名前が付いたとされています。

偽葉を広げたキジカクシ
6月13日 江差町

偽葉は3~7個束になってつき、長さ1~2cmです。

キジカクシの偽葉
7月14日 江差町

花は偽葉腋に数個付きます。(下の写真のピンク矢印の先がつぼみです。)

キジカクシのつぼみ
6月13日 江差町

花は径5mmほどで、花被片は6枚です。下の写真は雌花だと思われます。

キジカクシ雌花
6月20日 江差町
6月20日 江差町

スズラン属

スズラン

キジカクシ目キジカクシ科トックリラン亜科スズラン属スズラン

高さ20-35cmの多年草で、花期は5月中旬~6月です。野山の明るい所に生えます。

根元から花茎とは別に長さ10-20cmの葉が2枚出ます。柄は無く基部は鞘状になり、互いに抱いています。

スズラン
6月8日 江差町

花は径8mmほどで、先は浅く6裂します。

スズランの花
6月8日 江差町

ギボウシ属

タチギボウシ

キジカクシ目キジカクシ科リュウゼツラン亜科ギボウシ属タチギボウシ

高さ40-100cmの多年草で、花期は7~8月です。

低地~亜高山の湿原や草地に生えます。

タチギボウシ
7月20日 俱知安町

花は径5cmほどで、6枚の花被片が基部で合着しています。

タチギボウシの花
7月20日 俱知安町
タチギボウシの花
7月20日 俱知安町

マイヅルソウ属

マイヅルソウ

キジカクシ目キジカクシ科トックリラン亜科マイヅルソウ属マイヅルソウ

高さ10-25cmの多年草で、花期は5-6月です。地下茎を伸ばして群生します。

低山~亜高山の林内や草地に生えます。

マイヅルソウ群落
5月24日 江差町

花茎にふつう2枚の葉がつきます。葉身は長さ3~10cmの長い心形で、上の葉が小さいです。

5月8日 奥尻町

花は総状花序に20個ほどつきます。径5mmほどで、花被片は4枚です。

マイヅルソウの花
6月20日 俱知安町
マイヅルソウ
5月28日 函館山

雄しべは4本、雌しべは1本あります。

マイヅルソウの雄しべと雌しべ
5月31日 江差町
5月28日 函館山

果実は径5-8mmの球形で、まだら模様から赤色に熟していきます。

マイヅルソウの子房
6月13日 江差町
マイヅルソウの実
7月10日 江差町
マイヅルソウの実
9月13日 江差町

ユキザサ

キジカクシ目キジカクシ科トックリラン亜科マイヅルソウ属ユキザサ

茎の上部が斜上して長さ30~50cmになる多年草で、花期は5~6月です。

山地の林内に生えます。

ユキザサ

長さ6~15cmの笹のような葉が4~7枚互生します。

ユキザサ
5月14日 函館山

茎があずき色をしていることから、アズキナと呼ばれることもあります。

ユキザサ
6月11日 厚沢部町

花は粗い毛が密生する円錐花序に多数つき、径9mmほどです。

ユキザサの花
5月14日 函館山

花被片は6枚…と図鑑には書いてありますが、この写真のように5枚のこともあるようです。

ユキザサの花
6月11日 厚沢部町

雄しべも通常6個あります。

ユキザサの花アップ
5月14日 函館山
ユキザサの実
5月28日 函館山
ユキザサ
6月13日 函館山
ユキザサの実
6月13日 函館山

果実は球形で、赤く熟します。

ユキザサの果実
9月14日 厚沢部町

アマドコロ属(ナルコユリ属)

オオアマドコロ

キジカクシ目キジカクシ科トックリラン亜科アマドコロ属オオアマドコロ

茎が斜上して長さ60-100cmになる多年草で、花期は5月中旬~6月です。

山地の林縁や草地に生えます。

オオアマドコロ
6月20日 江差町
オオアマドコロ
6月5日 江差町

葉は長さ10~20cmの楕円形で柄は無く、先は尖ります。

オオアマドコロの葉
6月5日 江差町

茎には顕著な稜があります。

オオアマドコロの茎
6月1日 江差町

花は2-4個葉腋から下垂し、筒形で長さ2.5cmほどで6つに浅く裂けています。

オオアマドコロの花
6月1日 江差町

花が開いた様子です。葉腋に付いている花が1つなのは、1つが取れたためだと思われます。(上部には2つずつ花が付いていました。)

オオアマドコロ開花
6月5日 江差町

ヒメイズイ

キジカクシ目キジカクシ科トックリラン亜科アマドコロ属ヒメイズイ

高さ15~40cmの多年草で、花期は6~7月です。

海岸や山地の草原に生えます。

ヒメイズイ
5月31日 江差町

地下に根茎が走りまとまって生えます。茎は直立して稜があります。

葉は長さ4~7cmの楕円形~楕円状披針形です。

ヒメイズイ
5月26日 江差町

花は葉腋から1個ずつ下垂し、長さは15-18mmほどで6つに浅く裂けます。

ヒメイズイの花
5月31日 江差町

ミヤマナルコユリ

キジカクシ目キジカクシ科トックリラン亜科アマドコロ属ミヤマナルコユリ

茎が斜上して地表と平行に伸び、長さが30~60cmになる多年草です。

花期は6月で、山地の広葉樹林内に生えます。

ミヤマナルコユリ
6月13日 函館市

葉は長さ7~10cmの広~長楕円形で、先が尖り縁が波打ちます。

ミヤマナルコユリ
6月13日 函館市
ミヤマナルコユリ
6月13日 函館市

花は節から分枝した柄に2~4個ぶら下がってつきます。

ミヤマナルコユリ
6月13日 函館市

花は長さ2cmの筒形で、先が緑色をおびて浅く6裂します。

ミヤマナルコユリ
6月13日 函館市

雄しべは6本、雌しべは1本あります。花の内側と雄しべの花糸に白毛が密生します。

ミヤマナルコユリ
6月13日 函館市

ヤブラン属

ヒメヤブラン

キジカクシ目キジカクシ科トックリラン亜科ヤブラン属ヒメヤブラン

高さ5-15cmの常緑の多年草で、花期は7~8月です。

海岸近くの草地に生えます。横に伸びる地下茎があり、群生します。

ヒメヤブラン群生
7月13日 江差町

葉は細い線形で全て根生し、幅3mmほどです。

7月13日 江差町

花は径1cmほどで花被片は6枚あり、基部で合着します。雄しべは6本あります。

7月13日 江差町

雌しべは1本あり、曲がって上を向きます。

ヒメヤブランの雌しべ
7月9日 江差町
ヒメヤブラン 雌しべ
7月9日 江差町

葉が細い線形で、ランの葉に似ていることからヤブランの名前が付きました。

タイトルとURLをコピーしました