5月4日 函館山千畳敷コースに咲く花

函館山

5月4日、函館山千畳敷コースを歩いてきました。

つつじ山駐車場に到着したのは8時20分くらいでしたが、ゴールデンウイーク中にも関らず駐車場はガラガラでした(下の駐車場近辺は激混み)。

つつじ山駐車場
つつじ山駐車場

まずは牛の背見晴所に向かって出発です。

案内図

まず出迎えてくれたのは、お馴染みのタチツボスミレスミレ科)でした。

タチツボスミレ
タチツボスミレ

足元にはヒナスミレの姿も。

ヒナスミレ
ヒナスミレ

エゾエンゴサクケシ科)もまだ少し咲いていました。

エゾエンゴサク
エゾエンゴサク

ヤマツツジツツジ科ツツジ亜科)はまだほとんどが蕾でしたが、1株に1つか2つ咲いている花もありました。

ヤマツツジ
ヤマツツジ

ハウチワカエデムクロジ科)の赤い花は満開でした。

ハウチワカエデ
ハウチワカエデ

ハウチワカエデには雄花と両性花があります。

中央に突き出しているピンク色の雌しべが見える花は、両性花です。

ハウチワカエデ
ハウチワカエデ

カスミザクラバラ科サクラ亜科)も満開でした。

カスミザクラ
カスミザクラ

エゾヤマザクラと比べて白いサクラです。

カスミザクラ
カスミザクラ

垂れ下がっているのはヒメヤシャブシ(カバノキ科)の花。

ヒメヤシャブシ
ヒメヤシャブシ

タチツボスミレスミレ科)の大群落がありました。

オオタチツボスミレ
タチツボスミレ
オオタチツボスミレ
タチツボスミレ

クルマバソウアカネ科)も大群落を作っていました。

クルマバソウ
クルマバソウ

クルマバソウの花はまだまだこれから咲きそうです。

クルマバソウ
クルマバソウ

コジマエンレイソウシュロソウ科)の花は終わりかけのようです。

コジマエンレイソウ
コジマエンレイソウ

所々でシラネアオイキンポウゲ科)の姿を見ることができました。

シラネアオイ

褐色の茎を伸ばして咲いている黄色の花はキジムシロバラ科バラ亜科)でした。

キジムシロ
キジムシロ

ムラサキケマンケシ科)の姿もよく見かけました。

ムラサキケマン

同じケシ科のエゾエンゴサクよりは小さいですが、よく似た花をつけています

ムラサキケマン

牛の背見晴所に着きました。

道標

先週(4月26日)この場所に来た時よりも、明らかに緑が濃くなっています。

牛の背見晴所からの眺め
案内図

案内板の近くに、ヒトリシズカ(センリョウ科)が咲いていました。

ヒトリシズカ

牛の背見晴所~千畳敷広場の間では、ミヤマハコベナデシコ科)の姿をよく見かけました。

ミヤマハコベ

ミヤマハコベの花弁は5枚ですが、深く裂けて10枚あるように見えます。

ミヤマハコベ

下の花もこの区間でよく見かけたのですが、たぶんオオタネツケバナアブラナ科)ではないかと思います。

アイヌワサビ?
オオタネツケバナ?

砲台跡に向かってここから少し上ります。

道標

上り坂の途中、オオカメノキガマズミ科)の花が咲いていました。

オオカメノキ
オオカメノキ

砲台跡のキクザキイチゲキンポウゲ科)の花は、ほとんど終わりかけです。

キクザキイチゲ
キクザキイチゲ
砲台跡
砲台跡

砲台跡の横を通り過ぎて少し歩くと、沢山の花をつけたイタヤカエデムクロジ科)を見ることができました。

イタヤカエデ
イタヤカエデ

花の写真を何枚か撮りましたが、後で確認したら雄花ばかりでした😅

イタヤカエデの花
イタヤカエデ雄花

遊歩道横の土手には、キジムシロやスミレも咲いています。

キジムシロとスミレ

千畳敷広場に着きました。

案内図

晴れていていい眺めでした。

函館の街
スミレ
千畳敷広場に咲いていたタチツボスミレ

この後は牛の背見晴所まで戻り、旧登山道コースと薬師山コースを歩いて帰りました。

タイトルとURLをコピーしました