5月19日 函館山旧登山道コースに咲く花

函館山

5月19日、函館山旧登山道コースを歩いてきました。

この日は同行者がいたので、いつもより早歩きでけっこう見落としたものがあったかもしれないです。

トチノキ

登山口の手前にある立派なトチノキムクロジ科)に花が咲いていたのですが、高い場所にあるため上手く撮れずでした。

トチノキ

トチノキの花の中央部分は、最初黄色で後からピンク色に変化するそうです。

トチノキ

さて登山口からスギ林の中に入っていきます。

コウライテンナンショウサトイモ科)は、まだ元気に咲いていました。

コウライテンナンショウ

クルマバソウアカネ科)も花盛り。

クルマバソウ
クルマバソウ

ムラサキケマンケシ科)は、少し枯れている花もありました。

ムラサキケマン
ムラサキケマン

コジマエンレイソウシュロソウ科)は、完全に花の時期を終えていました。

エンレイソウ花後
エンレイソウの実

エゾスグリ(スグリ科)の花はまだありました。

エゾスグリ
エゾスグリ

コンロンソウアブラナ科)はまだまだ元気です。

コンロンソウ
コンロンソウ

スミレの仲間は、タチツボスミレスミレ科)を除いて姿を消していました。

タチツボスミレ
タチツボスミレ

小さなタンポポの仲間、ヤブタビラコキク科キクニガナ亜科)が咲き始めていました。

ヤブタビラコ
ヤブタビラコ

3枚葉を持つこの花は、ミツバツチグリバラ科バラ亜科)でしょうか?

ミツバツチグリ
ミツバツチグリ?

タニウツギスイカズラ科)が咲き始めています。

タニウツギ
タニウツギ

木に咲いているサクラのような白い花はたぶんズミバラ科サクラ亜科)だと思います。。

ズミ
ズミ

小さな花を咲かせていたシャクセリ科)。

シャク
シャク

ミツバウツギミツバウツギ科)はまだほとんど蕾です。

ミツバウツギ
ミツバウツギ

ヤマシャクヤクボタン科)の花を初めて見ることができました。

ヤマシャクヤク
ヤマシャクヤク

ホウチャクソウチゴユリ科)は枝を伸ばして開花の準備中。

ホウチャクソウ
ホウチャクソウ

ユキザサキジカクシ科)もまだ蕾でした。

ユキザサ
ユキザサ

5合目を過ぎます。

五合目
五合目

ヒロハノヘビノボラズメギ科)が開花していました。

ヒロハノヘビノボラズ
ヒロハノヘビノボラズ

枝は刺だらけですが、花はかわいいです。

ヒロハノヘビノボラズ
ヒロハノヘビノボラズ

チゴユリの変種、エダウチチゴユリチゴユリ科)が群落を作って咲いていました。

エダウチチゴユリ
エダウチチゴユリ

チゴユリよりも大型で、茎が分枝するのが特徴です。

エダウチチゴユリ
エダウチチゴユリ
エダウチチゴユリ
エダウチチゴユリ

この辺りのタニウツギはまだ蕾でした。

タニウツギ
タニウツギ

そして再びヤマシャクヤクに出会いました。

ヤマシャクヤク
ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤクは満開でも花弁が開かないそうなので、この時が満開だったのかな。

ヤマシャクヤク
ヤマシャクヤク

御殿山山頂に着いたところ、先行していた娘にサルメンエビネが咲いていたことを教えられました。(すっかり見落としていました!)

おまけに後から気が付いたのですが、この時満開だったヤマツツジの写真を一枚も撮っていなかったという😅

頂上からの眺め

山頂に登った後は、千畳敷コースと汐見山コースを歩いて下山しました。

前回5月14日に来た時に見ることのできたニリンソウやシラネアオイは、今回姿を消していました。季節は確実に夏に向かっています。

タイトルとURLをコピーしました