8月のかもめ島に咲く花

かもめ島

8月1日、江差町のかもめ島に行ってきました。

かもめ島

まずはこちらの階段を上って島の上に行きます。子供はどんどん上って行きますが、私にはけっこうきつい!

階段

カセンソウキク科キク亜科)が咲いていました。もう花の終わりの時期なのか、数が少なかったです。

カセンソウ
カセンソウ

先月はつぼみだったイブキボウフウセリ科)の花が咲いていました。

イブキボウフウ
イブキボウフウ

イブキボウフウの葉は2~3回羽状複葉で、丸みを帯びています。

イブキボウフウの葉
イブキボウフウの葉

エゾフウロフウロソウ科)がピンクの花を咲かせていました。まだまだ花の時期のようです。

エゾフウロ
エゾフウロ

先月もツリガネニンジンキキョウ科)の花は見たのですが、今回の方が数が多かったです。群落を作って咲いていました。

ツリガネニンジン
ツリガネニンジン

ハマナスバラ科バラ亜科)の花はほとんど終わり、赤い実をつけていました。

ハマナス
ハマナスの実

ノブドウブドウ科)の実が大きくなってきていました。

ノブドウの実
ノブドウ

ハマヒルガオの花は終わってしましましたが、ヒルガオヒルガオ科)はまだまだ咲いていました。

ヒルガオ
ヒルガオ

ところどころで見かけたアキノキリンソウキク科キク亜科)。

アキノキリンソウ
アキノキリンソウ

コウゾリナキク科キクニガナ亜科)はまだ咲いていました。6月には咲いているのを見たので、花の時期はかなり長いようです。茎がザラザラしているのが特徴です。

コウゾリナ
コウゾリナ

コウゾリナに似たこちらの花はハチジョウナキク科キクニガナ亜科)です。

ハチジョウナ
ハチジョウナ

ハチジョウナの葉は切れ込みがほとんど無く、丸みを帯びています。

ハチジョウナ
ハチジョウナ

こちらの花はヨーロッパ原産の帰化植物ブタナキク科キクニガナ亜科)。コウゾリナやハチジョウナと違いロゼット葉です。

ブタナ
ブタナ

エゾカワラナデシコナデシコ科)の花も咲いていましたが、数は少なかったです。

エゾカワラナデシコ
エゾカワラナデシコ

島の上でもススキの花が咲き始めていました。

ススキ
ススキ

地味なヤマアワの花も、こうやってたくさん風になびいているのを見るときれいです。

ヤマアワ
ヤマアワ

ヒロハクサフジマメ科)の花は、先月から引き続き咲いています。

ヒロハクサフジ
ヒロハクサフジ

神社の近くでは、オニユリユリ科)がたくさん咲いていました。中国原産の帰化植物です。

オニユリ
オニユリ

オニユリには果実ができず、むかごで増えます。葉腋に茶色のむかごがついていました。

オニユリのむかご
オニユリのむかご

ゲンノショウコフウロソウ科)の花が咲き始めていました。まだ数は少なかったです。

ゲンノショウコ
ゲンノショウコ

カタバミカタバミ科)の黄色の花は、島の上至る所で見ることができました。この花も6月から咲いていましたので、花の時期が長いようです。

カタバミ
カタバミ

今回の訪問では7月中旬に見たヒメヤブラン、ナミキソウ、エゾノカワラマツバの姿は無く、代わりにオニユリ、ススキ、ハチジョウナ、イブキボウフウなどの花が咲いていました。

20日足らずの間に、こんなに自然は変化しているものなんですね。花を観察していると、季節の移り変わりを敏感に感じとることができる気がします。

タイトルとURLをコピーしました