6月13日 函館山に咲く花

函館山

6月13日、函館山に行ってきました。旧登山道コースから御殿山山頂まで登り、帰りはつつじ山駐車場から千畳敷コースに入って、汐見山コースを下りました。

旧登山道コース

まずは旧登山道コース登山口からスギ林の中へ。

先週までスギ林の中に数多く咲いていたコウライテンナンショウサトイモ科)の花は終わりかけのようで、色が黄色くなってきていました。

コウライテンナンショウ
コウライテンナンショウ

ヘビイチゴバラ科バラ亜科)が咲き始めていました。

ヘビイチゴ
ヘビイチゴ

先週も咲いていたフタリシズカ(センリョウ科)の花の数が増えていました。

フタリシズカ

ヤブタビラコキク科キクニガナ亜科)がずいぶん背が伸びてきていました。

ヤブタビラコ

ムラサキケマンケシ科)の花はほとんど終わりかけでした。

ムラサキケマン

コンロンソウアブラナ科)の花は終わり、緑色の若い果実をつけていました。

コンロンソウ

ヤマブキショウマバラ科サクラ亜科)が咲き始めていました。

ヤマブキショウマ

ヤマブキショウマのほわほわと白い雪のように見えるものは、雄しべのようです。

ヤマブキショウマ

オククルマムグラアカネ科)はまだ咲いていましたが、実をつけているものもありました。

オククルマムグラ

ヘビイチゴよりも小さなヒメヘビイチゴバラ科バラ亜科)の姿もありました。

ヒメヘビイチゴ
ヒメヘビイチゴ

ヒメヘビイチゴはヘビイチゴに比べて花が小さく、副がく片の幅も狭いです。

ヒメヘビイチゴ果実

セリ科オオハナウドシャクの花はまだ咲いていましたが、中には実をつけているものもありました。

オオハナウド
オオハナウド
シャク

先週満開だったワタゲカマツカバラ科サクラ亜科)の花はもう終わっていました。花が咲く期間は短いようです。

ワタゲカマツカ

ヤマツツジ(ツツジ科ツツジ亜科)はまだ少し見ることができました。(サクラの仲間に比べてツツジは息が長い)

ヤマツツジ

コマユミニシキギ科)の花もまだ沢山咲いていました。

コマユミ

2m近い高さがある草はマルバヒレアザミキク科アザミ亜科)のようでした。

マルバヒレアザミ

花はまだ蕾でした。

マルバヒレアザミ

ハナニガナキク科キクニガナ亜科)の花をよく見かけるようになりました。

ハナニガナ

上の方ではまだ元気なコウライテンナンショウの花もありました。

コウライテンナンショウ

先週も咲いていたハナイカダハナイカダ科)、今回見つけたのは雌株でした(雄株は見落とし)。

ハナイカダ
ハナイカダ雌花

オドリコソウシソ科)はまだ咲いていましたが、もうそろそろ花の時期は終わりのようです。

オドリコソウ

サイハイランラン科シュンラン亜科)が咲き始めていました。

サイハイラン

ユキザサキジカクシ科)は小さな実をつけていました。

ユキザサ

エダウチチゴユリチゴユリ科)も花は終わり実をつけていました。

エダウチチゴユリ

ゼンテイカワスレグサ科)が咲いていました。

ゼンテイカ

ナンテンハギマメ科)も咲き始めたようです。

ナンテンハギ

先週元気だったサルメンエビネラン科シュンラン亜科)はしおれてきていました。

サルメンエビネ

オオヤマフスマナデシコ科)はまだ咲いています。

オオヤマフスマ

つつじ山駐車場~御殿山山頂の間にはオオバノヤエムグラアカネ科)がよく生えていて、小さな白い花を咲かせていました。

オオバノヤエムグラ
御殿山山頂からの眺め

千畳敷コース

帰りはつつじ山駐車場まで下りた後、千畳敷コースに入りました。いろいろな樹木の花が見られるコースです。

先月中旬に白い花を咲かせていたアオダモモクセイ科)は、茶色の果実をつけ始めていました。

アオダモ

ツルアジサイアジサイ科)は装飾花が開き始めていました。

ツルアジサイ

一方エゾアジサイアジサイ科)はまだ蕾を固く閉じていました。

エゾアジサイ

アジサイに似た花、カンボクガマズミ科)は満開のようでした。

カンボク

カンボクもアジサイと同じように外側が装飾花で、内側に両性花をつけます。

カンボク

ヤマツツジはまだ少しだけ咲いています。

ヤマツツジ

このコースでも所々にゼンテイカの姿がありました。

ゼンテイカ

サルナシマタタビ科)の蕾が膨らんできていました。

サルナシ

タニウツギスイカズラ科)の花はほとんど終わりかけでした。

タニウツギ

先月中旬に花を咲かせていたトウグミグミ科)の果実が膨らんできていました。

トウグミ
トウグミ

トウグミと同じグミ科アキグミは今が花盛りのようでした。

アキグミ

アキグミの花はトウグミよりもやや小さく、黄色味をおびています。

開花時期はトウグミより2~3週間ほど遅いようです。

アキグミ

マユミニシキギ科)の花が咲き始めていました。コマユミよりもやや開花時期が遅いようです。

マユミ
マユミ

先週蕾を見たヤマブドウブドウ科)の花は満開でした。

ヤマブドウ雄花

ヤマブドウの雄花は雄しべが長く、花火のように見えます。

ヤマブドウ雄花

雄花に比べて雌花は地味です。

ヤマブドウ雌花

ナワシロイチゴバラ科バラ亜科)の花も開花し始めていました。

ナワシロイチゴ

汐見山コース

帰りは別の路を通りたく、千畳敷コースの途中から旧登山道コース千畳敷ルートに入り、汐見山コースを下りました。

このコースでもカンボクガマズミ科)の花が満開でした。

カンボク
カンボク

ヤマツツジハナニガナも咲いていました。

ヤマツツジ
ハナニガナ

ハナヒリノキツツジ科スノキ亜科)の花を見ることができました。

ハナヒリノキ

ハナヒリノキは花序の下の方から咲き上がっていくようです。小さなつぼ型の花がかわいいです。

ハナヒリノキ

ダイコンソウバラ科バラ亜科)も咲いていました。

ダイコンソウ

装飾花が無く両性花のみのツルアジサイアジサイ科)の花を見かけました。

ツルアジサイ
ツルアジサイ

イチヤクソウツツジ科イチヤクソウ亜科)がつぼみをつけていました。

イチヤクソウ

先月中旬に見かけたツクバネソウシュロソウ科)がまだ咲いていました。

ツクバネソウ

オオキヌタソウアカネ科)の花を初めて見ました。

オオキヌタソウ

アカネ科植物の中では葉が大きいオオキヌタソウ、だけどやはり花は小さく径3~4mmです。

オオキヌタソウ
タイトルとURLをコピーしました